頭皮炎症抑える.net|市販シャンプーは抜け毛・かゆみの原因

MENU

頭皮炎症抑える.net|市販シャンプーは抜け毛・かゆみの原因

実は頭皮の炎症によって抜け毛・痒みを引き起こす人のおよそ81%が頭皮に刺激が強いシャンプーを使用いてるそうです。
頭皮の炎症と一口に言ってもいろいろな症状があり、症状によって原因も異なってきます。

 

そこで、頭皮炎症抑える.netでは、炎症の原因からその正しい予防法を分かりやすくご紹介していきます。

 

頭皮の不快な症状チェック

看護師

あなたの頭皮がどうのような状態なのか知らなければ、その原因どころか予防策すらわからないはずです。
頭皮の症状をチェックを用意したので、ご自身の頭皮の状態かチェックしてもらい、それぞれの原因と対策をご紹介します!

 

  1. 頭皮が痒い
  2. 頭皮がヒリヒリする
  3. フケがたくさん出る
  4. 頭皮がベタつく

 

このような頭皮の不快な症状は、全て頭皮が炎症してしまうことによって起こります。
頭皮が炎症を起こしてしまう原因とは、どういったものがあるのでしょうか。

 

頭皮が炎症する原因とは!?

頭皮が炎症を起こす原因として、次のことが考えられます。

 

シャンプーが原因

シャンプーの成分が強過ぎる・きちんと洗い流せていない場合には炎症の原因となります。

 

洗髪方法が原因

お湯の温度が高過ぎる・爪などで頭皮を傷付けてしまっていると炎症の原因となります。

 

紫外線が原因

意外とケアの盲点になってしまう頭皮。
実は紫外線が1番当たる場所でもあります。

 

特に夏場の炎天下などでは、火傷と同じような症状を引き起こし炎症の原因となります。

 

頭皮の病気が原因

頭皮に存在している常在菌が何らかの影響で繁殖すると、頭皮炎症を引き起こして炎症を起こします。
頭皮の炎症は、日頃の頭皮ケアが原因となって引き起こされることがあります。

 

また、様々な要因が複雑に絡み合って炎症を起こすこともありますので注意が必要です。

 

実は、その他にも頭皮の原因はたくさんあります。
頭皮の原因についてさらに知りたい方はこちらの頭皮かゆみ.netを参考にされるとより頭皮の痒み・炎症についての理解が深まるかと思います。

 

さて、ここからはどんなことに注意してケアをすれば良いのか、見ていくことにしましょう。

 

頭皮の炎症の3つの解消方法

頭皮の炎症が上記の①~④が原因で起こることが分かりました。
それぞれの解消法をご紹介します。

 

シャンプーが原因

シャンプー

市販のシャンプーは、油分や汚れを落とすために比較的強い成分が含まれています。
そのため、敏感肌や乾燥肌の方が使用すると刺激が強すぎてトラブルを引き起こすことがあります。

 

肌に優しいアミノ酸成分のシャンプーを使用するなど工夫をすることで症状が和らぐことがあります。
また、よく洗い流すことも忘れないようにして下さい。

 

洗髪方法が原因

洗髪

汚れを落としたいがために必要以上にゴシゴシと擦ってしまう方が多いようです。

 

頭皮は非常に薄い皮膚で出来ていますので、傷つけないように指の腹を使って汚れや皮脂を揉み出すように洗いましょう。

 

紫外線が原因

紫外線

体には日焼け止めを塗ったりしますが、頭皮にまでケアが及ばない方が多いです。
頭皮は皮膚が薄いので、強力な紫外線を浴びることで軽いやけどの症状に陥ることがあります。

 

外出の際には帽子・日傘・スプレー式の日焼け止めなどを使用して、直射日光が当たらないように工夫をしましょう。

 

頭皮の病気が原因

頭皮の病気

頭皮の常在菌が異常な繁殖をすると炎症を起こします。
この場合、強い痒み・フケ・痛み・赤み・ベタつきなど様々な不快な症状を引き起こします。

 

また、厄介なことに菌の繁殖をしっかり抑えなければ完治は難しく、症状をぶり返す可能性が高いです。

 

有効成分が配合された薬で、しっかりと治療することが重要です。

 

このように、頭皮の炎症を引き起こす原因と解決法をお話しました。
頭皮の不快感で悩んでいた方は、これらのことに注意をしてケアをしてみて下さい。

 

 

頭皮の炎症に効く3つの治療方法

ここからはより詳しく頭皮の炎症の対策法について見てきましょう!

 

頭皮の炎症による不快感は、日常生活にも影響を与えるほど気になるものです。
一刻も早く治したい頭皮の不快感…おすすめの治療法を3つご紹介します。

 

①市販の薬を使用する

近年、頭皮の痒みや不快感を訴える方が多いとのことで、薬局などでも手軽に頭皮の炎症薬を購入することが出来るようになりました。

 

頭皮の痒み・フケなどの原因は頭皮炎症と呼ばれる頭皮の炎症から起こっていることが多いとされるので、この痒みやフケに効く成分が配合されている市販薬が多いです。

 

市販薬を使用する場合には、用法・用量をきちんと守りましょう。
また、一定期間使用しても症状が改善されない・症状が酷くなるなどの場合には使用を中止して医師に診てもらうように心掛けましょう。

 

②洗髪の仕方やシャンプーを見直す

薬などを試す前に、是非行って欲しいのが洗髪方法とシャンプーの見直しです。
まず、正しい洗髪方法を覚えましょう。

 

正しい洗髪方法
  • 最初に髪の毛全体を濡らします。
  • 次にシャンプーを適量使用し、指の腹を使って汚れや皮脂を揉み出すように洗います。
  • しっかりと洗い流します。
  • リンスを行う場合、頭皮には使用せず毛先を中心に水に溶いて使用しましょう。
  •  

    ゴシゴシ力を入れない・爪などで傷つけないように気を付ける・洗い残しが無いようにしっかりとすすぐことです。

     

    また、シャンプーの成分が強すぎる場合にも頭皮の炎症が起こりやすくなります。
    市販のシャンプーの場合、皮脂や汚れを効率良く落とすために洗浄成分が強めに配合されていることが多いです。

     

    敏感肌・乾燥肌の方にとっては刺激が強いので、かえって乾燥や痒みを助長してしまうことがあります。
    お肌が弱い方は、アミノ酸成分を配合した肌に優しいシャンプーを使用するなどシャンプー自体の成分を見直す必要があります。

     

    たったこれだけで頭皮の症状が改善する方もいらっしゃるので、是非試してみて下さい。

 

③病院に行く

上記①・②の方法を試しても一向に症状が改善しない場合…
その場合には頭皮の状態が深刻になっていることもあります。

 

皮膚に潜んでいる菌が原因である場合には、菌を徹底的にやっつけなくてはなりません。
こんな時には自己判断せず、一刻も早く病院に掛かるようにして下さい。

 

皮膚科を受診するのが1番良いです。
早期発見・早期治療が出来れば、回復もその分早くなります。

おすすめのシャンプーと市販薬のベスト3をご紹介!

頭皮の炎症を防ぐ方法としては、3つありました。
その中でもシャンプーを変えること、薬を使用する事は、明日からでも始められる頭皮炎症ケアです。
そこで、ここからすぐに実践できる頭皮炎症ケアとして、頭皮の炎症に効果があるおすすめシャンプーと薬についてご紹介していきます!

 

おすすめシャンプーBEST3

頭皮が痒い・掻くとフケが大量に出る・頭皮や髪の毛がベタつくなど、頭皮の不快な症状の原因は頭皮炎症が原因かもしれません。
頭皮炎症はきちんと治療を行わないと完治することが難しく、季節や体調によってぶり返したり良くなったりを繰り返してしまうので注意が必要です。

 

頭皮炎症には2種類のタイプがあります。
乾燥が原因で起こる乾燥性炎症・皮脂の過剰分泌が原因で起こる脂漏性炎症です。

 

乾燥性炎症の場合には、頭皮を保湿したり・シャンプーをアミノ酸系の優しいものに変えたりするだけでも改善が見られることがあります。
しかし、脂漏性炎症の場合にはマラセチアという原因菌の殺菌を行う必要があるため、特別なケアが必要です。

 

そこで、今回は脂漏性炎症に効果的なシャンプーBEST3をご紹介したいと思います。

BEST1 「コラージュフルフル ネクストシャンプー」持田ヘルスケア

頭皮炎症抑える.net|市販シャンプーは抜け毛・かゆみの原因

 

ユニークな名前のこちらのシャンプーは、日本で初めてフケの原因菌であるマラセチアを抑制する成分「ミコナゾール硝酸塩」をシャンプー・リンスに配合しました。
成分が強そうな印象がありますが、低刺激・薬用・無香料・無色素なので頭皮に優しく痒みやフケをしっかりと抑えてくれる優秀なケア用品です。

 

また脂漏性炎症タイプ・乾燥性炎症タイプそれぞれに適した使い心地のシャンプーを選ぶことが出来ます。
お値段は若干高めですが、皮膚科などでも推奨されるくらい優秀なシリーズです。

 

BEST2 「メディクイックH 頭皮のメディカルシャンプー」ロート製薬

頭皮炎症抑える.net|市販シャンプーは抜け毛・かゆみの原因

 

TVのCMなどでも見かけるこちらのシャンプー。
このシャンプーを使ったら他のものは使えない…そんな人が続出する伝説のシャンプーです。

 

マラセチアの繁殖を抑える抗真菌成分(ミコナゾール硝酸塩)と抗炎症成分(グリチルリチン酸ジカリウム)を配合しており、痒み・フケを徹底的に抑えます。

 

またアミノ酸系の洗浄成分・弱酸性・ノンシリコンですので頭皮に優しく洗い上げることが出来るのも嬉しいポイントです。
メントール配合なので、クールで爽やかな洗い心地なのも痒みを軽減してくれます。
お値段も比較的お安いので経済的です。

 

BEST3 「h&S モイスチャーシリーズ」

頭皮炎症抑える.net|市販シャンプーは抜け毛・かゆみの原因

 

こちらのシリーズもTVのCMで良く見かけます。
頭皮のトラブルに効果があるシャンプーと言えば…の定番です。

頭皮トラブルであるフケ・痒みを防ぐ有効成分(ジンクピリチオン)を配合しており、痒み・ベタつき・乾燥・ニオイを防ぎます。
またストレスも頭皮にとっては良くないため、こちらのシリーズを使用してマッサージを行うとより効果が期待できます。

 

こちらのシャンプーは男性の頭皮に特化した「h&S for men スカルプEXシリーズ」もありますので、女性ものの香りが苦手な方におすすめです。

 

薬局で購入できる手軽さや価格の安さにも魅力があり、人気があるシリーズです。

 

以上、おすすめのシャンプーをご紹介しました。
効果や使用感は個人差があると思いますので、まずは自分に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。

 

毎日のシャンプーで頭皮環境を整えて炎症に負けない地肌を作りましょう。

 

さて続いてはおすすめ薬をご紹介していきます!

 

頭皮炎症に効果的!おすすめ薬ランキング

我慢できない頭皮の痒み、見た目が気になるフケなど頭皮に関する悩みを持っている方は意外と多いのではないでしょうか?
そのような頭皮の不快感は、頭皮炎症が原因かもしれません。

 

頭皮炎症とは乾燥などから起こることもありますし、皮脂の過剰分泌によって引き起こされることもあります。
特に皮脂の過剰分泌が原因で起こる脂漏性炎症の場合には、皮脂を栄養とするマラセチアという菌の繁殖によって起こるためこの菌を抑える必要があるのです。

 

止まらない痒みやフケを抑えるために、まずは市販の薬を使ってみることもおすすめです。
市販で購入できる頭皮炎症の薬BEST3をご紹介しましょう。

BEST1 「メンソレ-タム メディクイックH」ロート製薬

頭皮炎症抑える.net|市販シャンプーは抜け毛・かゆみの原因

 

こちらは頭皮炎症の市販薬の先駆け的存在です。
頭皮の痒み・ブツブツ・赤み・かぶれなどに有効なアンテドラッグステロイドを配合し、高い消炎作用で炎症や痒みを素早く抑えてくれます。

 

効果も抜群で価格もそこまで高くないので、非常に人気がある頭皮炎症薬です。
何を使うか迷った場合には、こちらの商品を使ってみることをおすすめします。

 

BEST2 「ムヒHD」池田模範堂

頭皮炎症抑える.net|市販シャンプーは抜け毛・かゆみの原因

 

治まらない頭皮の痒みに効く薬です。
抗炎症成分(PVA(アンテドラッグステロイド))を配合し、痒みの元をしっかりと抑えてくれます。
また2つの修復促進成分(アラントイン・パンテノール)を配合し、荒れて傷付いてしまった頭皮を再構築してくれます。

 

頭皮環境の改善まで行えるので、痒みに負けない健康な頭皮へと導いてくれます。

 

BEST3 「ユースキン トーヒル」ユースキン製薬

頭皮炎症抑える.net|市販シャンプーは抜け毛・かゆみの原因

 

昔から家庭にある常備薬の1つであるユースキン…そのシリーズに頭皮の痒みを抑えるシリーズが出ました。
こちらの特徴は非ステロイドの抗菌成分(イソプロピルメチルフェノール)を配合し、痒みの原因菌を抑えることによって痒みや炎症を治療していきます。

原因菌を抑制することでしつこい痒み・ぶり返す痒みを抑えることが出来ますので、頭皮炎症の根本的な治療を行うことが可能です。

 

以上、おすすめの市販されている頭皮炎症薬をご紹介しました。
こちらを使用してみて、それでも痒みや炎症が治まらない場合には速やかに医師に相談して下さい。

 

最後に~簡単改善方法で頭皮の炎症を抑えよう!~

頭皮炎症抑える.netでは、頭皮の炎症の原因からその予防方法まで頭皮の炎症ケア初心者の方でもわりやすい内容でご紹介させて頂きました。
ここから頭皮炎症抑える.netでご紹介した内容をまとめていきます!

 

まず、頭皮の炎症の原因には4種類ありました。

  1. シャンプーが原因
  2. 洗髪方法が原因
  3. 紫外線が原因
  4. 頭皮の病気が原因

 

これらを改善するために必要なことは、シャンプーを変えることと薬を使用することでした。
そして、おすすめのシャンプーと薬をご紹介しました。

 

おすすめのシャンプー

  1. コラージュフルフル ネクストシャンプー
  2. メディクイックH 頭皮のメディカルシャンプー
  3. h&S モイスチャーシリーズ

 

おすすめ薬

  1. メンソレ-タム メディクイックH
  2. ムヒHD
  3. ユースキン トーヒル

 

これらの2つをうまく組み合わせることでしっかりとした頭皮炎症ケアを実現できます!
これらを参考にして頭皮炎症ケアをしていきましょう!