頭皮炎症抑える.net|市販シャンプーは抜け毛・かゆみの原因

MENU

頭皮が赤い!これは炎症?ニキビ?

頭皮が痒い・フケが異常に出るなど、皆さんも1回くらいは頭皮の不快な症状に悩まされたことがあるのではないでしょうか?
頭皮は非常に薄い皮膚で出来ていますので、様々な要因でトラブルを起こしやすい場所でもあります。

 

頭皮が炎症を起こして不快な症状に悩まされる前に、日常生活で簡単に出来る5つの予防方法を実践しましょう。

 

洗髪方法・シャンプーについて
シャンプーの成分を見直しましょう。
市販のシャンプーは皮脂をしっかり落とすために、成分が強いことが多いです。
敏感肌・乾燥肌の方は乾燥しがちになりますので、地肌に優しいアミノ酸系成分のシャンプーを使用すると良いでしょう。

 

また、指の腹を使って優しく揉み出すように洗うのが基本で、爪を立てたりゴシゴシ力を入れて洗うことはやめましょう。

 

②髪の毛を乾かす
洗髪後に髪の毛をきちんと乾かすように心掛けましょう。
濡れたままで寝てしまったり、そのままの状態でいると乾燥や菌が繁殖する原因となります。
また、乾燥が気になる方はオイルなどで保湿を行いながら乾燥するようにすると良いでしょう。

 

③紫外線
頭皮は薄い皮膚なので、紫外線に当たると軽いやけどの状態になることがあります。
また、乾燥を招きますので注意が必要です。
外出の際には帽子・日傘・スプレー式の日焼け止めなどできちんとケアを行って下さい。

 

乾燥が気になった場合には、保湿ローションなどを使用して保湿を行うと症状が軽減することがあります。

 

④ストレス
近年の研究によると、頭皮の痒みや不快感とストレスには大きな関係があるとされています。
決定的な仕組みは解明されていませんが、ストレスが掛かることによってホルモンバランスが崩れると痒み・乾燥などを招くため不快感が増すのです。

 

ストレスを感じないようにすることは難しいことですが、シャンプー時に頭皮をマッサージするなどしてリラックス出来るように努めましょう。

 

⑤食事・睡眠
頭皮に限らず、健康的な毎日を過ごすためにはバランスの良い食事が重要です。
肉食・偏食・無理なダイエットなどで現代人はバランスを崩しがちですが、野菜・果物・海藻類なども積極的に食事に摂り入れましょう。

 

また、十分な睡眠も皮膚の代謝には必要不可欠です。
遅くまで起きていないで、早く眠られる日にはしっかりと寝てエネルギーをチャ-ジしましょう。

 

このように、日頃の生活の仕方で頭皮のトラブルを回避することが可能です。
体の中が健康でないと頭皮環境も健康ではいられません。
毎日の生活を見直して、健康な頭皮を目指しましょう。