頭皮炎症抑える.net|市販シャンプーは抜け毛・かゆみの原因

MENU

頭皮の炎症が起きる前に!予防対策方法

頭皮に赤い出来物があって痛痒い…そんな経験はありませんか?
頭皮に出来る出来物の場合、頭皮ニキビ・または湿疹などの炎症を起こしている場合が考えられます。

 

頭皮ニキビと湿疹による炎症の違いとはどういった特徴があるのでしょうか?

 

頭皮ニキビ

ニキビは体の毛穴の至るところに出来やすいものですが、その中でも頭皮は要注意が必要な場所です。
髪の毛で覆われている上、汗や汚れが常に発生する場所ですのできちんとケアをしないとすぐにニキビが出来やすくなります。

 

頭皮のニキビの原因は、毛穴の詰まりです。
毛穴に汚れや皮脂などが溜まって雑菌が繁殖し、炎症を起こしてしまうとニキビになります。
毎日のシャンプーでしっかりと汚れや皮脂を落として綺麗な用日にしておくことが重要です。

 

頭皮湿疹による炎症

頭皮は毛穴が詰まりやすく、炎症を起こしやすい場所です。
また、とてもデリケートな場所でもあり体調や生活習慣によっても環境が変わるとされています。

 

頭皮湿疹には、乾燥などが原因で起こる乾燥型の湿疹・皮脂の過剰分泌による脂漏性湿疹の2種類があります。
乾燥型は強い痒みを伴い、大量のパラパラとしたフケが発生するなど非常に厄介です。
脂漏性は髪の毛がベタついたり、大きなフケの塊が頭皮付近にまとわりつくなどの症状が見られます。

 

頭皮ニキビと湿疹による炎症の違いと共通点

頭皮ニキビと湿疹による炎症の違い
頭皮ニキビ

アクネ菌と呼ばれるニキビの原因菌によって起こります。

 

毛穴が詰まるなどして、そこに菌が繁殖し炎症を起こすため赤く痛みを伴うことが多いです。
基本的には、頭皮ニキビが出来たからと言ってフケや痒みなどの症状が出てくることはありません。

 

湿疹による炎症

マラセチアと呼ばれる皮膚に常在するカビ菌の一種が原因で起こります。
強い痒みを伴ったり、大量のフケや頭皮の不快感、ベタつきなどの症状が見られます。

 

頭皮ニキビと湿疹による炎症の共通点

頭皮ニキビも湿疹による炎症も、原因菌がいます。
そのため、治療の際にはそれぞれの原因菌を殺菌する必要があるのです。

 

自己流ではなかなか改善しない場合が多く、皮膚科医の元きちんとした薬を服用して治さないとぶり返しの原因にもなります。

 

また、頭皮環境は日々の生活から改善することが出来ます。
バランスの良い食生活・十分な睡眠時間・ストレスを溜めない・紫外線を避けるなど、頭皮をケアすることによって頭皮ニキビや湿疹による炎症を予防することが出来るのです。

 

頭皮ニキビと湿疹による炎症の違いを理解して、正しい治療を行いましょう。